活動紹介

大阪大学の箕面キャンパスにおいて、コンボジャズを中心とした演奏活動を行っております。コンボジャズとは少人数編成によるジャズで、即興演奏に重きを置きます。使用する楽器はトランペット、トロンボーンなどの金管楽器、サックス、クラリネット、フルートなどの木管楽器を始め、ピアノ、ギター、ベース、ドラムなど多岐にわたります。中にはヴァイオリンやリコーダーを演奏する人もいますよ。


セッション

毎週金曜日18:00〜20:00に箕面キャンパスのサークル棟にてジャズセッションを行っています。セッションとはその場で集まった人々がその場でやる曲を決め、即興で演奏をするジャズ独特の演奏スタイルです。

desafinadoやジャズに少しでも興味を持って下さった方はお気軽にセッションにお越しください。部の雰囲気やジャズを肌で感じることができます!お問い合わせからご一報いただけますと部員が対応いたします。



年間スケジュール

3月 4月 5月

春合宿

新歓ライブ・タコパ

いちょう祭LIVE
6月 7月 8月

夏祭りバンド練

夏祭り(新入生LIVE)

夏休み!
9月 10月 11月

夏合宿

JAZZ PARTY

まちかね祭LIVE
12月 1月 2月

OFF(セッション)

OFF(セッション)

OFF(セッション)
※ この他にも、個人でライブを開催したり、カフェやイベントでの依頼演奏を行ったりしております!



"desafinado"って?

"desafinado"(デサフィナード)とはポルトガル語で「音痴」を意味します。この名前には

「初めは音をはずしてでもいいから一音一音ずつうまくなってやろう」

という意味が込められています。

最初は誰もが素人です。そしてその素人からの第一歩が何においても重要なのです。 私たちはその大切さをJAZZを通して伝えていきたいと思っております。